スポンサーリンク

ポカラから木村沙織が見たい話

2019年8月1日

スポンサーリンク

チャリティの後、おれはポカラという、旅人が居心地の良さに思わず長く滞在してしまういわゆる沈没スポットとして有名な場所にやってきた。

そのなかでも、とびきり落ち着けると噂の、旅人とトレッカーの街、レイクサイドにやって来た。文字通り湖沿いの町だ。

なんか、湖で沈没、というとダイビングスポットのようだが、決して本当の意味で水に潜る必要があるわけではないので注意が必要だ。

しかしそれらの情報は地球の歩き方等には出ていないため、那覇の成人式などで酒に酔った新成人たちが「いやまじおれらも沈没デビューさぁ」などと言って悪ふざけで入水するケースが後を絶たないので注意が必要だ。

エェ~湖で沈没??やだなんか怖い…と涙ぐむ女子大生の肩をそんな作り話でそっと抱きしめたい。

そんな下心をブリーフの隙間にしたためつつ、意気揚々とやって来たのだけれど。

みんなから

めっちゃいい!

と聞くけれど。

おれの感性はにぶいのか?

なんか、

普通。

特にあれということもないよくあるツーリストプレイスな雰囲気、整った街並み、綺麗とも汚いとも言えなく大きいとも小さいとも言えない湖沿いに広がるぼちぼちな値段でぼちぼちな味の料理を出すレストラン街。

まぁ、この普通ってのがええんかな。

あ、そうか今霧の多い季節で景色が見えんからかな?

空気が澄んでたら、雄大に広がるヒマラヤ山脈、そしてそれどころか遠く日本の大林素子までもハッキリと見えるとか地球の歩き方に書いてた気がするな。
おれはどっちかっていうと木村沙織の方がえぇな。

まぁともあれ、おれにはポカラでやることがあるのだ。

前回のチャリティ企画でのラムチェ村訪問の、結果報告Movieを作らないといけない。

これは、アジア各国で路上ライブをしていた時に掲げていたサインボードに書いてある公約(まにふぇすと)なのだ。

このMovie作成が、なんとも時間がかかるしんどい作業で。

というのもおれのパソコンはフィリピンで三万円で買った超安物で、ことあるごとにフリーズ、フリーズ、たまにブリーフ、そしてまたフリーズといった具合である。

朝から二時間ぐらいかけて入力したデータが突然のフリーズで全部消えて、狂ってブリーフを頭に被って踊ったりしながら、おれはもくもくと作業を行っていた。

そう、おれはダメなのだ、こういうのをやり始めると、もう他の事は何も手につか無くなる。
手の取れる位置に水とお菓子とを置いて、トイレに行く以外全くパソコンの前から離れず、終始データをいじる。

最終的にトイレに行くのも面倒で、そろそろマミーポコパンツを買いに行こうか真剣に悩んだほどだ。

そんな完全ひきこもり時々おむつ生活の末、部屋はこんな状態に。

たった3日で、よくこんなに汚せるなぁと、我ながら逆に感心してしまう。あっぱれだ。いいぞもっとやれ!

そして見事、将来部屋は絶対ゴミ屋敷で賞と、2016年ベスト汚物賞の二冠を獲得したおれは、ついにその問題のMovieを二本立てで完成させたのである!!!

ネパールにたどり着くまでの路上の歴史
を、完全個人的主観でおれが後で見返してニヤニヤするためだけに作られたMovie→こちらと、

ラムチェでの活動内容をまとめた完全秘蔵ドキュメンタリー→こちら

の、一緒に旅をした気持ちになど全くなれない二本立てである。
まぁとにかく一見してくれると嬉しいです。とち狂ったように連続再生して閲覧数を伸ばしてくれるともっと嬉しいです。

その後結局、レイクサイドの、ザ・ツーリストプレイス!な雰囲気にあんまり馴染めず、荷物をまとめて、30分ほど歩いて街の中心部の地元民エリアまで。

忙しく立ち並ぶ商店の看板にアルファベットの一つも見つけられない完全なローカル商店通り。

ネパール人向けの、小汚い宿を見つけて、チェックイン。

メニューすらもない地元食堂で、見栄えは悪いが底抜けにうまいトゥクパ(ネパールの麺料理)を食って、道端の気取らないチャー屋(ネパールのチャイ)で、タバコをふかして一服する。

お母さんのお手伝いの女の子が、レイクサイドの3分の1の値段で美味しいミルクティーを入れてくれる。

ポカポカ陽気のアスファルトの上で堂々と足を伸ばして眠る野良犬と、その隣で商店のおやじも暇そうに通りを眺めてボーッとしてる。
おれもそんな空気に任されてしばし物思いにふける。

こういう気取らない時間がおれは好きだ。雰囲気に任せて、鼻歌でも歌いたくなる。

素敵なポストカードを見かけたら、久しぶりにばあちゃんに手紙でも出そうか。あと、どこかに写真屋でもないかな?この前のラムチェ村の写真を路上ボードに貼りたい。それを掲げて、明日は久しぶりに路上にでも出てみようか。

とかほわほわ考えながら長居していると、ちびちび飲んでいたミルクティーのグラスを下げられた。

あと一口分残っていたのに!

まぁいいか。

あと少しのスローリーネパーリライフ。

この情緒を噛み締めてやるのだ。

そんなところです。

ランキング70位入賞を目指してブログランキングに参加しています。ブリーフを被るのもいいですが、ちょっとポチするのもまた趣深きですよ。↓↓

終了

↑↑今何位なのかチェックしてください。