スポンサーリンク

無人島に一つ何か持ってくとしたら、おれはこれしかない話

2019年8月1日

スポンサーリンク

旅中に作った曲達をYouTubeにて公開中!
ぜひチャンネル登録して、鼻息荒くいきり立つぼっちシンガーをせせら笑おう!

今日の旅の一曲!michitaの “Dandelion”!
↓↓↓

終了しました

↑↑↑
貪欲に上位狙うぜ!ブログランキングクリックよろしく!

………………..

うぉぉぉぉ!!!!!!!

朝からおれは燃えていた!

ショッピングモールでWi-Fiをつないで、ゾロさんのブログを読んでいたのだ。

世界一物価の高いノルウェーで毎日必死に歌い、しっかり宿に泊まり、真っ当な暮らしをしつつその稼ぎから施設への寄付もされていた!

知らない異国で、全く違う文化の人達のなかで一人きりで歌うということ。

本当に震えるくらいに怖いし、きつさはよくわかる。

しかしそれを乗り越えて、さらに他の誰かになにかを与えられるということ。

ゾロさんのスピリットに、そして音楽の偉大さに感動していたのだ。

ちくしょうそれなのにおれときたらこんなところで呑気にWi-Fi繋いでダラダラネットして、なにしていやがる!!

行くぞ!!歌うぞ!!うぉぉぉ!!!!

「ゾロさん!いや、今日だけは兄貴と呼ばせてください!気合い入りました!今日も路上に出かけてきます!!!!」

暑苦しく馴れ馴れしい痛いコメントを残し、

よっしゃいくぞぉぉぉ!!!!

と気合い十分に立ち上がった!!!!!

その瞬間!!!!!!!!!

ポーーーーンッ!!!!カッシャァァァァン!!!!!!!!

へ?

……………あ、け、ケータイが………

ポルト郊外の街、ガイア2日目!!

昨日は日曜日で歌えなかった分、なんとしても今日は歌うで!!歌ったるでぇぇ!!!と気合い十分のおれであったが。

勢いよく立ち上がったおれは持っていたケータイを手を滑らせて豪快に10メートルほどぶっとばしたのである…

もともと画面はバッキバキのグラップラーだったおれのiPhone。次に落としたらもう終わりじゃねぇかな、という予感があったのだ…。

恐る恐る、拾い上げて電源を入れてみると……

うそやん。

画面半分、真っ暗…

ひ、ひぇぇぇぇぇぇ!!!!!

一応、電源はつく。操作もできる。

ただし右半分だけ…涙

左半分は真っ暗で全くタッチパネルも反応しないので、まずロックの解除ができん!!!!なみなみ(7373)の7が打てねぇぇぇ!!!え!?うそやん一生使えんってことやん!!?まじかよぉぉぁうぎやぁぁ!!!!

…そんなで、ショックのあまり恥ずかしい4桁の暗証番号までもを日本全国に発信しながら、おれは混乱していた!

え、どうしよ!え?取り敢えずあれか!!病院や!!病院連れていかな!!え、外科!!?耳鼻咽喉科!??なにわからん!!きゅ、救急車!!救急車を!!だれか!!だれか助けてくださぁぁい!!!

などと20代前半より若い子には伝わらんようなセリフなど言いつつ、エンディングの平井堅まで熱唱し終えひとしきり泣いて落ち着いたおれ。

取り敢えず電気店へ向かった。

「最低30日間かかるわ。アップルに送らなきゃいけないから。」

ひ、ひぇぇぇぇぇぇ!!!!!

受付のおねぇさんは、それはそれは素敵でキュートな笑顔で、鬼のようなことを言う。

30日なんて、とっくにヨーロッパ出てるよ…

しかもその間ケータイ使えないなんて…

無理無理無理!!

しかし、おねぇさんに「もしかしたらもう少し早くやってくれるかも…」と紹介された別のケータイ屋さんでも、

「2週間、預かる事になるよ。ただし、検査と見積もりのためだけにね。そこから実際修理をするならもう少し。多分費用は200ユーロぐらいかな。」

ま、まじかよ…

おれ涙目。

「まぁ、もし直すならまた来て。次!」

忙しそうで、さっさとどかされる。

うわ…まじどうしよ…。

修理代、200ユーロとか、高すぎる…

まぁしかし、おれはアメリカドルで500ドルを持ってる。

飛行機代にってアフリカからずっと取っておいたやつなんだけれど、期限が切れたクレジットカードの新しいのが家に届いて、それのナンバーで飛行機は買える事が判明したのだ。

だから、そこからお金は出せる。

しかし、それは最悪いいとして、おれのシェンゲン協定の期限はあと3週間ほどである。

そんなに長い修理期間、ここに滞在する事もできない…

かと言ってケータイ無しには…

…え?

やっぱケータイ無しでは、旅できないだろうか?

…旅してみる?

ふと、そんな事を考えてみる。

ここまで、おれは旅でいろんなものをなくしてきた。

しかし、そのたびに得られるものが多かった気がする。

バンクカードを盗られた。しかしそれで腹くくって、イスラエル、ヨーロッパと路上ライブだけでなんとかやってくる事ができた。

パソコンを売った。しかし不便さはあまり感じなかった。軽くなったバッグが嬉しかった。

そのバックパックも盗られた。でも、貴重品と、二日分の衣服さえあればなんとか生きていけることがわかった。小さなリュックだけになったので、アンダルシアの歩き旅にもチャレンジ出来た。

物をなくすのって、無くす前は不安で不安で仕方ないんだけれど、いざ失ってみれば案外なんとかなって、それが逆にいい影響を与える事だってある。

ケータイ、なしで生きていってみようか。

なんだか変に、失った一種の心地よさみたいなのが生まれてくる。

想像してみる。

ケータイが無かったら、毎日いちいちコンセントやWi-Fiを探してカフェに入る必要もない。

ダラダラケータイ見る時間で、ギターを練習したり街の人とコミュニケーションをとればいい!

ブログはお休みしちゃうけど…まぁいいや。ノートに日々日記はつけといて、帰国後アップするのだ!

そんな風に考え出すと、やけに晴れやかな気分になってきて、

よっしゃ!!!そうと決まれば市街地へ行って歌うぞ歌うぞ!!!

と勇んで店を飛び出したんだが!!!!

ポルトの市街地はどっち方向なんだ?えー、グーグルマップで…

て!ケータイないんやん!!

早速不便を感じながら、太陽の向きでだいたい北はこの方角か…なんてなんとなく歩き出し、あたりの人たちに道を尋ねながらなんとか進むんだけれど…

全然つかねぇな…もう結構歩いたぞ!?一時間くらいたったんじゃねえか!?今何時だ?

…あ、そうかケータイないんや…

うわ!綺麗な景色!写真とろーー!

…あ、そうかケータイないんや…

親に、ケータイなくなった事連絡しなきゃ!百さん達にもメッセージ返せてないし

…あ、そうかケータイないんや…

もう、ウルトラミラクルアルティメット不便!!!!!!

もう、なにか行動しようとする度に、あ、ケータイないんだった!と気付かされるのだ!

これまで色々失ってきて、その度に思ったのは「あぁ、ないならないで問題ないな!」って事だったけれど、今回は明らかに違う!

もう、おれ何から何まで、あのちいさな箱に頼ってたんやなって気付かされる事ばっかりなのだ!!!

おれは涙が出そうであった…

「あはは!このテレビおもしろいよゆうきく…

だれもいないソファの方を振り返るちなみ。

(って、何言ってんだろ私。ユウキ君はもういないんじゃん。はは…私ったら、バカだな…

…あれ…なんで…涙が出るんだろ。…おかしいよね…あは…は)

ぐすん…

みたいな!!!!みたいな気持ちじゃぁぁぁぁ!!!!なくなって初めて気づくやつ!!!!ダメだダメだやっぱりおれには君が必要なんだちなみちゅぁぁぁぁぁぁんんんん!!!!!!!

おれは悟った!おれにはケータイが、そしてちなみちゃんが必要なのだと!残念ながらちなみちゃんに関してはおれはまず手に入れて
もなければちなみちゃんはおれの姿も形も知らないわけだが、せめてケータイはなんとかせねば!ほんまにどこにも行けれんし何もできん!大好きな音楽だって聴けない!そんなの流石に捨てられん!!!

いやぁ、いかに自分がケータイに頼って生きているかを身にしみて感じてみて、つくづく思う。

昔の人ってスゲェな。

こんな、なにもない状態で、地図とコンパスと、己の感覚だけで旅してたんよな…

すごすぎる!おれには無理!ケータイラブ!ちなみちゃんラブ!!!

そんなで、おれは「L.O.V.E!!ちなみ!!」と高らかに謳いながら冷ややかな目で見られつつ、なんとかポルトの街までやってきた!

もちろん直せるのならiPhoneがいいんだけれど、修理に2週間も3週間も待たされては、おれのシェンゲン協定の期限も切れてポルト半永住みたいになって、「消えろカテ違い!」なんてアンチコメントを書かれる!

安いのあったら買おう!それしかない!

しかし!!

中古のケータイ屋さんを覗くが、

く、くそう、最低限のスマホでも、サムスンの最安で150ユーロか…!高いな…

かと言って、安いけどガラケーやピッチみたいなのではないも同然…

どうすれば…

おれは悲壮感のかたまりのような表情に排水溝のぬめりのような顔でとぼとぼ街を歩いた…

困った。本当に困った。

マジでケータイないとほんと何もできない。

とにかく新しいケータイをゲットしないといけないんだけれど…150ユーロか…

そんな事を黙々と考えながら、でも一歩踏み出せんで、どうすべきかわからなくなったおれは公園にやってきた。

ギターを取り出して、適当に弾く。

困った時はいつもこうして音楽に頼るのだ。

音楽が、いつもおれに分かったような顔をして、根拠のない自信と身勝手な落ち着きをくれる。

でも、おれにはそれで十分なのだ。

うむ。とにかくケータイは買わないといけない。

でも、もしかしたらもっと安いのがあるかもしれん!もう少しショップを探してみよう!

おれはまた歩き出した。

観光地を抜けて、地元の人たちが利用するような地味な商店街に出た時である。

(む、phone docter…??)

なにやら個人のちいちゃなケータイ修理屋さんみたいなのを見つける。

まぁ似たような事言われるんだろうけどちょっと覗いてみるか。

「ボンディア!ケータイの画面を直したいんだけれど…」

「いらっしゃい、ぬめった顔面が不潔極まりないお兄さん!おやおや、派手にやっちゃったねぇ!こりゃスクリーンを丸ごと変えないといけないね。ざっと………170ユーロだ!」

「(お、さっきのとこよりちょっと安いけど…)でも修理に時間かかるよね。どれくらいでフィックスできる?」

「そうだなぁ、今混んでるから、ワンナワーくらいかかるかな…」

「あーそうですよね、やっぱそれくらいかかる…

わ、ワンナワー!!!!?????い、一時間!!!???」

「そ、そんな怒るなよ。混んでるから仕方ないだろ!」

「いや逆!!!うそやん!!神じゃ!!!!うぉぉすぐ両替してくるから待ってて!!!」

な、なんということか!!!

朝の、アップルに送らないといけないとか言うてたのは何だったんだ!!店員のお兄さん曰く、スクリーンをガッと外してババッとつけるだけですぐ直るのだという!!!しかもちょっと安いし!!!

うわぁぁぁうれしい!!直る!!直るのだ!!!!!

おれは大興奮ですぐさまUSドルを両替してきて、ケータイを預けた!!!!

よっしゃ!!悩みのタネを引っこ抜いて、遠く大西洋の彼方まで大遠投した気分!!勝った!!よし、もう1分も無駄にできない!歌うぞ!!

おれは待ち時間に、外の商店街でギターを広げて歌った!!!

完全ローカルの、しかも車通りもあって騒がしい通りである!道行く人はこいつ頭おかしいんじゃねえのか?という顔で眺めていったが、全く気にならねぇ!!

一時間歌って、10ユーロくらいは入ってる!

そして、

な、直ったぁぁぁぁぁぁ!!!!!

新しいスクリーンに変わって新品同様のiPhoneちゃんをハグしてディープキスしてクンカクンカして、再会を祝ったおれ!!

記念にと割れてた画面をもらったのを、ゴミ箱に叩き捨てたおれは、再び街に繰り出す!!

よっしゃ!!取り返すぞ!!170ユーロ取り返しに行くゾォォォ!!!!!

午後7時の強い西日を浴びながら、中央部の観光地エリアへ!

歩行者専用のメインストリートは、どこも7時閉店なのかガラガラとシャッターが閉められて人通りも無くなってきてたが、気にせずギターを置いた!

みるみるうちに人はいなくなってしまって、一時間ほどやって結果は8ユーロ…

残念ながら一日で取り返すことはできんかったが、明日もやれるだけやったる!!

とにかくケータイが治ってよかった!

旅をしてると、自分に本当に必要なものとそうじゃないものが見えてくる。

おれにとって、ケータイは本当に本当に大事なんだという事を身にしみて感じた一日…。

みなさんは無人島に唯一何か持って行くとしたらなんですか?

ここに断言する!

おれはケータイとギターと女の子と釣り具とビールとそれから…

そんなところです。

ランキング7位入賞を目指してブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、ケータイ依存症の若者の末路を世にさらしあげよう!↓↓

終了しました

↑↑はぁ!ケータイを!!ケータイをもっとくれよ!!?はぁ!はぁ!

YouTubeにて楽曲作品公開中!!あと40万日で一億VIEW突破と噂される人気チャンネル、君はもう見たか!??