スポンサーリンク

【シドニー/オーストラリア】チャイナタウンで路上ライブ

2020年5月13日

スポンサーリンク

仕事終わり、なんか心がすげぇそわそわしてしまって、ゆっくり休むつもりがギター持って飛び出してた。

満月の夜ってなんかじっとしてられんよな。

家からすぐそこのチャイナタウンを歩く。


金曜日の夜は、いつもバザールをやっている。


露店は中国人たちでごった返している。

あまりにも人が多すぎて、バスキングをする場所を探して歩く。
そして、見つけた屋台通りを抜けた、大きな交差点の前で路上開始!ここなら邪魔にならないだろう。

最初は、みんなガン無視!!子供が笑顔でやってこようとするのを、親が行くわよ、と静止する。おれが子供にバイバーいと言っても目線を合わせてくれないお母さん。

なんか日本でも良くこういうシーンあったなぁあ
中国人冷てーとか思ったのもつかの間、、、

 



ありがたいです!

一時間半ぐらいで28ドル。

いや、お金の話すると嫌らしいけど、実際自分が歌っている歌を聴いて体揺らしてくれたり、子供達が目を輝かせてお母さんと手を振ってくれたり、そういうのが素直にうれしい。

見栄とかじゃなく、いいと思った物にはチップを、という国なので、お金が入ることは単純にお客さんが楽しんでくれた結果だと思うから、素直に稼ぎはモチベーションになる。
中国人冷たいとかいってごめんなさい!笑

オージーの親子がカントリーロードのリズムに合わせて踊っているのを見て、周りの中国人たちもやっとこっちを見てくれるようになったかと思えば、どんどんコインが飛んでくる。

日本人と分かると、ガンバって!と日本語で声をかけてくれたり、はにかみながら手拍子してくれたり。

シャイだけど無垢で、心を開くと優しい感じ、、、

おれほんと中国人好きだわ!

少なくともオーストラリアに住んでる人らで、嫌な人は誰もいない!

いろいろ日本ではやーやー言われとるけど、いつか中国、台湾、香港は行ってみたいな~

そして、なんと偶然、前に働いていたキャンリーベールの(ここから一時間電車で行くクソ田舎)焼肉屋で一緒だった、ブルースと再会!!

路上で小汚い格好でギターを弾き散らかすおれを見て、よほど貧しい生活なのだと思ったのでしょう、美味しいたこ焼きをご馳走してくれました。。

前の職場は忙しい時期に辞めたので、ちょっと職場の人に会うのは気まづかったんですが、have a good travel !!see you again !!とさわやかに去っていく彼。

中国人優男過ぎ!!!

ありがとうチャイナタウン!!

そんな夜でした。