スポンサーリンク

チチカカ湖のほとりで路上ライブとすごい名前の宿に泊まる話

2019年8月1日

スポンサーリンク

旅中に作った曲達をYouTubeにて公開中!
ぜひチャンネル登録して、鼻息荒くいきり立つぼっちシンガーをせせら笑おう!

今日の旅の一曲!Asian Kung-Fu Generationの “ソラニン”!
↓↓↓

終了しました

↑↑↑
貪欲に上位狙うぜ!ブログランキングクリックよろしく!

………………..

昨日、クスコからプーノ行きのバスに乗ったおれ。

夜行バスだったんだけれど、朝方、到着寸前のバスの中で目覚めたおれ。

車体前方の温度計表示を見て、目がくらむ!!

に、に、2度!!!!!??????

あまりもの衝撃に手が震えてブレて22度みたいに見えるが、2度なのだ!!まじかよ!!??2度とか!!!

プーノはチチカカ湖という湖沿いの町なのだけれど、なんとこの湖、標高3600メートルという世界一高い場所にある湖だそうで、恐ろしく気温が低いのだ!!

いうたら富士山の山頂に湖があるみたいな感じである!

寒っ!!ただいま深夜4時、こんな時間にこんなところに放り出されたりしたら、僕ちゃん寒すぎて凍え死んじゃ…

「プーノ!!プーノ!!」

ひ、ひぇぇぇ!!!

「おらぁおりろ!!」

い、いやぁぁぁぁぁぁ!!!!

そんなで、極寒の早朝、真っ暗闇のプーノのセントラルバスステーションに放り出されたおれ。

暖房なんてあるわけもない吹き抜けのバスステーションのベンチで、凍えながら朝を待つ。

6時ごろ、やっとこさ明るくなってきて、街へと歩き出した。

途中、キンと冷えた早朝の空にもくもくと湯気を立てながら、太ったおばちゃんが屋台をやってて、思わず立ち寄る!

5ソル(150円)の芋と(たぶん)アルパカの肉のスープみたいなやつ。う、うまま!!!!

なにやら、ペルーのこういう屋台の店では一杯の値段で、スープだけはおかわり自由のよう。

「うまっ!!うまっ!!お、おかわり!!」

すごい勢いで飲みほして、おばちゃんに空の器を渡すと、

「あらまぁ、汚い野良犬が腹を空かせていたのね。よしよし。」

といった具合の優しい表情で、たんまりと温かいスープを継ぎ足してくれた。

満腹で街へ向かい、チェックインしたホテルはこちら!


あの、その、、マン…カパ…

い、いやぁぁぁぁぁぁ!!!!こ、こんな名前のホテルを読ませるなんて!!セクハラ!!セクハラよ!!!おまわりさんこっちですっっ!!!!

そんなで、とんでもない名前のホステルにそのネームバリューだけで宿泊を決めたおれは、精神的被害を受けた女性読者の皆さんからのこのブログの告発準備が着々と整う中、もんもんとした表情で部屋に入ったのだが!!

いやここ!ほんま居心地が良かった!

宿の値段も15ソル(500円)ぐらいと格安、ホットシャワーにコーヒー用のお湯も貰えて、無駄にツインのプライベートルームにはWi-Fiも届き、久々にまったりとX-vide…インカの歴史と文化に関する研究ビデオ鑑賞も出来る!!

無駄にダブルベットやし!!ふざけんなやんのかおおぉ!!??

そんなで、完全に沈没気味に怠惰な時間をカパックしたおれ。

午後にはチチカカ湖も見に行ったし、マーケットで賑わう下町も見に行ったのだけれど。


うーーん…なんか、どうしてもねっとりとした生ぬるい気分に囚われてしまって、また宿に帰って、またダラダラとYouTubeで世にも奇妙な物語とか見てしまい、朝になる。

いかん。

だらけてしまっている…

どっぷりと、その完全に無気力な時間に慣れてしまって、心地よくなれるのならいいんだけれど、心のどっかで、もう1人のおれが

「南米まできてなにやってんだ!このクズ野郎!」

と罵ってくる。

胸が騒ぐんだ。

こんなのまだまだなんだって。

ギターを手に持って、部屋でチロチロと弾いてみる。

このあいだ、岡山にいた時によくライブさせてもらってた、老舗ライブハウスの岡山ペパーランドのブッキングマネージャー、けいこさんと連絡を取らせてもらって。

10月16日に、念願だったペパーでライブさせてもらう事になったのだ。

目を閉じて、ライブハウスの風景をイメージしながら歌ってると、もくもくと、胸が騒いでくる。

歌おう!じっとはしてられん!

おれは夕方の街に飛び出した。

途中見つけた屋台で、この辺の名物だという、半生のマスの酢漬けをとうもろこしとあえたやつを食べて、

街の中央公園のあたりを歩いてみる。

石畳の歩行者道があって、街灯もあるし人通りもなかなか。

しかし、誰もやっていないところを見ると、また警察に止められて、一瞬で止めさせられるかもしれんが!

ドキドキしながらも勢いでギターを置いてみる。

なんだこのアジア人は…?不審そうな視線を横目で送りながら、人々が通り過ぎていく。

今まできた街が偶然そうなのかもしれんけど、ペルーはクールな人達が多い気がする。

ほんとに来る前のイメージとは正反対で、すごく上品でおとなしくて、その分なにかヨーロッパ的な閉塞感や排他的視線を感じさせる。

落ち着いて歌いやすいはずなんだけれど、アフリカみたいな「やれやれ!」と一瞬で熱狂の渦に巻き込まれるような空気がない分、すごく心を不安にさせる。

でも、負けるか。

やって出来ない事なら仕方ない。けれど、やらずに始めから諦めるのは嫌いだ。

ジャランとコードを鳴らして、ハーモニカを吹いた。

1人のおねぇさんがニコリと笑って立ち止まり、1ソルコインを投げてくれる!

最初は素知らぬ顔で通り過ぎていた人たちも、1人が立ち止まると、みんな封を切ったようにパタリパタリと立ち止まってくれて、いつのまにか人の輪ができる。

向かいの服屋のおねぇさんたちも、店から出てきて腰を振って、音楽に乗って踊ってくれる!

僕もアフリカをジープで旅したんだよ!なんて興奮気味に語ってくれたおじさん、なんと10ソル札(300円)も置いていってくれる!

うおぉ、たくさん見てくれて嬉しい!!

1時間半ほど歌って、奥のほうで地元バスカーのおじいちゃんが準備しだしたので場所を譲った。

結果は51ソル、約1500円!

宿3泊分だ!!南米で、初めてまともに稼げた!ありがたい!

ワクテカしながら、昼間気になってたチキンのお店で晩御飯。う、うめぇぇぇ!!!

ここまで、なかなか歌える場所を探すんに手こ
ずってきたけど、いい場所があれば南米でもやれるってことだ。

音楽で見られる美しい世界や感じられる感情のその一つ一つを、やっぱりおれは大事にしていたいな、なんて思ったのだ。

そんなところです。

旅の写真を随時アップしてます。→Instagram

リアルタイムのおれ。どうでもいいことなんでもないことを大げさにつぶやいてます。→Twitter

ランキング10位入賞を目指してブログランキングに参加しています。ベッドの上でゴロゴロしている男子諸君!!下のバナーをクリックして、広い世界を見に行こう!!↓↓

終了しました

↑↑エックスビデ…動画鑑賞もいいが、旅もいいぞ!!

YouTubeにて楽曲作品公開中!!あと40万日で一億VIEW突破と噂される人気チャンネル、君はもう見たか!??




ペルー

Posted by gamoyuki