スポンサーリンク

都会は世知辛い

2019年8月1日

スポンサーリンク

今日もバスキングに出かける!!
炎天下の中電車に乗って、セントラルステーションへ。

初めてクアラルンプールシティに到着したのがここだったんだけど、そのとき現地人っぽいおっちゃんが駅の構内で歌ってるのを見たので、結構どこでも出来るんじゃないかと思って来たのだけど、

構内にいた警察官にバスキング出来るか?と聞いてみたら、「ちょっとこい!」といって歩き出した。
やっていい場所を教えてくれるのかなと思って付いて行くと、そこは交番!

リーダーっぽい婦長さんを含めた4人の警官がホニャラホニャポニャ(本当にこんな感じに聞こえる)相談しだしたので、「アンプ使わないからうるさくない!」「ネパール大地震へのチャリティーなんだ!」と食い下がってみたものの、結果はNO。

デカイ駅なので、反対サイド、隣接のショッピングモールも当たってみたけどどこも無理だと。

地元の人は弾いてたじゃないかと言ってみたけど、「あれはプロミスだ」とかよくわからん事を言われた。

仕方ないので、そこからモノレールに乗って、適当に中心街方面のインビンと言う駅行きのチケットを買った。

東京の通勤電車並みの(乗ったことないけど)満員モノレールにゆられながら、地球温暖化や安全保障関連法の事について考えているふりをしながら電車の中のかわいい子を眺めていると、インビンに到着。

適当に選んだ割には、金持ちの集まりそうな高級ブティックモールに隣接した、なんともいい駅だ。

どうせ駅員に尋ねたらダメって言われるだろうからと、こっそり駅前のベストプレイスに腰を下ろすも、ギターを取り出した瞬間警備員がやって来て、追い払われる。

こうなったら意地でもどっかでやってやる!と路上の鬼と化した僕は、モールから伸びる幹線道路をまたぐ遊歩道を発見。

すぐさま駆け上る!

かなり人通りも多いし、ここは駅とは関係なさそうだからいけるッ!!
と思ってパパッとギターを取り出す!!

しかし!!

三曲ほど歌った頃に今度はモールの警備員が無表情にやって来て、外でやれ、と。

くそう!!

すでに中学生の群団が座って聴いてくれてたりしてて、いい感じだったのになぁぁあ!!

一連の流れを見てた親切そうな顔の掃除のおっちゃんが、ここなら出来るよ!とわざわざ階段を降りて外のポイントまで案内してくれたんだけど、

同じように追い出されたんやろうな、物乞いのおっちゃんがカップ構えて座ってて。

ここでは出来んよ。

ありがとうと掃除のおっちゃんに一言言って帰りました。

三曲で、結果は6リンギ。約200円。

都会は世知辛いなぁと。

明日はアフェンディとバスで一時間、マラッカへ行くので、そこでもバスキングやってやる!!

いい日になりますように!

そんなところです。