スポンサーリンク

ウラム到着と、ここまで盗難に合いまくりのおれにまたフラグ立つ話

2019年8月1日

スポンサーリンク

今日の旅の一曲!Turntable filmsの “cello”!
↓↓↓

旅行ブログ 世界一周

↑↑↑
貪欲に上位狙うぜ!ブログランキングクリックよろしく!

………………..

アウグスブルクを出発したバスは、牧草の広がる丘や、ポツリと佇む三角屋根の家、まるで絵画のようなのどかで美しい田舎の景色を見せている!


行き先はウラム!あんまり聞きなれない名前だけれど、西の街、シュツットガルトとの中間にある街なので、寄ってみることにしたのだ!

朝、ヒッチハイクにチャレンジしようかな、とも思ったけれど、この日は土曜日。

目的地のウルムまで、バス代の10ユーロケチって土曜の稼ぎどきを潰すより、早くバスで行っちゃってすぐさま路上で取り返してやろう!と決断が下されたおれの脳内会議!

バスは約1時間くらいでウルムに到着!!

しかしバスステーションはイヤミかというほど町から遠い場所にあって、重い荷物をかついで5キロほどの道のりを目指す…!

いかん!!遠い!!
腕がちぎれる!!肩が外れる!!

と嘆きながら歩く事30分、む!なんかいい感じの森を発見した。

そこは半分森みたいな公園で、広い芝生の広場が広がり、木々が広く生い茂る広場が広がっている!

ミュンヘンで初めての野宿もこういうところでやったけれど、ドイツはどこの街も、こういうただっぴろい森の遊歩道みたいな広場が広がってるみたいだ。

ドイツ人は本当にこういう自然体感ゾーンみたいなのが、そしておれはとにかく広いって言葉が、好きなんだろうな。

そんなで、おれは人気のない森の茂みにバックパックとテントを隠す事にした!

ふはは!できる旅人は移動もスマートである!!

重い荷物を引きずる観光なんて、紀元前のやり方だぜ?

越に浸りながらギターだけになった手荷物の軽さに軽快にスキップや反復横飛びなどを見せながら、おれは街に踊り出す!

30分後。

はぁ…こ、これ…はぁ…これがウラムの中心地か…




無駄な反復横とびやシャトルランで体力を失い、アブノーマルなプレイに勤しむ男たちの石像につっこむ気力もなく、おれはふらふらと進んでいった。

思ったより街は賑わっていて、エイチアンドエムや、あの、あれやら、たくさんのファストファッション店が軒を連ねる!(エイチアンドエム以外知らない)

街の中心に立つのはこれ!


で!でか!!!!

こんな中世の建造物がこんなに高くて大丈夫なの!?と不安になってしまうほどの大聖堂!

これがこの街のシンボルのようだ。

その巨塔のあたりには、カメラ片手にバックパックを背負った欧米トラベラーもちらほら。

日本人には、東京の人からした愛媛県のイメージのようにほぼほぼ認知度のないウラムであるが、思ったより欧州圏では立派な観光地なんかな?

愛媛ではみかんぐらいしか有名なものはないけれど、どうやらこの大聖堂見たさに各地からたくさんの観光客がやってきているように見える。

そして、今日もご機嫌に香川のライバルの愛媛の悪口ばかり書いてほくそ笑みながら、みかんの汁を目に吹き付けられつつ進んでいると…

む!!

見つけてしまった!!

マックと服屋の隙間の通路!あたりには店の窓も入り口もないので、気にせず歌えるはず!距離もいい感じで人もちらほら歩いてる!

いける!!いけるで!!

勢いよくギターを置いたおれ!

午後7時のあたりの店の閉店時間まで二時間半歌ってみた!

結果は45ユーロ、約5500円!

最初は、怪しいアジア人にみんな怪訝な目をして通り過ぎていくだけであったが、女の子がお母さんに連れられて前を通ったとき。

「ママ!この汚いお兄ちゃんの歌聴きたい!」

と言ったか、もしくは

「この歌を歌ってるお兄ちゃん汚い!」

と言ったかは定かではないが、とにかくひどくおれの音楽を気に入ってくれて、ママに手を引きずられてもめげずに振りほどいておれの前までやってきては、
「うぁぁあきったなぁーい!!」
とニコニコとはしゃいでくれる。

ドイツで路上してると、結構こういう事がある。

子供は、おれのハーモニカや足のタンバリンに興味津々に笑ってくれて、ママ!見たい!なんて言ってくれる。

でも、大人はどこか、怪しいこの外国人とは距離を置きたい、みたいに目を合わせようとせず焦ったように子供の手を引く。

閉塞感を感じるんだ。

あまり関わりたくない、みたいな…

ヨーロッパに入って、すごく落ち着いてて日本人的感覚に似てて旅しやすいけど、逆に言えば少し他人に対してドライなところもあるんだよな。

ともあれ、子供の心に楽しいって思ってもらえるってことは、純粋な目で、耳で楽しんでもらえてるんや!と思い込んで自分をあげる。

その少女はリズムにあわせて、大きな笑顔で手を上げてバレエの舞のような、かわいすぎるダンスを披露してくれた!

重度のロリコンのおれはその姿に目尻が肩まで垂れまくり、テンション上がって楽しく歌ってると、その女の子の姿に、周りの大人達もにこやかにぽつり、ぽつりと立ち止まり出した!

不思議な感覚。

さっきまで、この音のないなんでもないストリートは、無表情に行き交う人たちの足音だけが響く、無機質な空間だった。

でも、そこでおれがギターを鳴らす、リズムを刻む、言葉を歌に乗せて歌う。

女の子が可愛く踊ってくれて、周りの人の心を和ませて、はたり立ち止まって見てくれる。

無表情だった彼らの、買い物の帰り道という日常に一輪の花を添えられたような気分になる。

このなんでもない路地が、今この瞬間世界で一番幸福な場所に変わったような気がして、心が弾む。

音楽はいいなぁと、思わされるんだ!

そんなで、心ゆくまでのんびり歌って、公園の方へ向かうおれ。

このまま公園にテントを張って、今日は寝てしまおう。

明日には西部、シュツットガルトまで行こうかな!

おれは今日の稼ぎで買ったビールと魚の缶詰を携えて、荷物を置いている公園まで戻ってきた!!

あたりはもうだいぶ暗くなり始めていて、テントを張ってもだれかに見られることもなかろう!

久々の魚で、宴会ジャァォ!!!

と発狂気味に盛り上がりながら、荷物を隠した森に入る木々をかき分けて…

そう!この木が目標だ!

がはは!ちゃんと目標の木を決めておくというところからも偏差値レベルの高さをちらつかせちゃったなぁ!!!

しかも、雨が降った時のために、テントカバーを上にかけておいたというリスクマネジメント力!!

いやぁぁこれ!”2016.今、就職活動中の学生達に最も見てもらいたいブログはこれだ!”とかで、特集されたりして!!

有頂天をブチあげパーリナイしながら、さて、荷物を…と…

がさごそ…

あれ?

がさごそごそ…

バックパックがない…。

そんなところです。

ランキング7位入賞を目指してブログランキングに参加しています。まさかまさかの、紛失!?盗難!?それとも

「ど、どこ!?おれのバッグどこ!?」
「もうゆうきくん、背中にしょってんじゃん!」
「あ!ほんとだ!いっけね!てへ」
「もう、おっかしーあはは!」

なリア充の流れか!??真相は、明日の更新を待て!!
↓↓

終了

↑↑次回ぼっちシンガーブログ、「やられた!置いてたバックパックを盗られて警察行く話」!!お楽しみに!!

ドイツ

Posted by gamoyuki