スポンサーリンク

おばちゃんのおしりとバー出演の話

2019年8月1日

スポンサーリンク

あのデカプリオ主演の映画、The Beachの舞台として有名なピピ島2日目を迎える。

そろそろ僕の輪郭や瞳の色もなんとなくデカプリオデカプリオしてきたんじゃないか?と言うことで美しい海で有名なビーチに行ってきました。

マレーシアでゴーグルを買ったんだけども、それがアホみたいに水漏れするので、別のゴーグルを探していると、なんと日本製のゴーグルを発見!!!
しかも怪しいタイ産のよりも安いではないか!!

即買いで首にゴーグル、手にはビールとピーナッツ。

海がおれを呼んでいる!!!おれの夏が始まる!!!!

うぉー!!!!

と心は熱く、しかし実際の表情は無口にクールに、いかにもデカプリオらしく海に繰り出したのであります。いつものように一人で。

ひとしきりビールで宴会を繰り広げながら、マイナンバー制の是非について考えるふりをしながら過ぎ行くビーチギャル達に熱い視線を送った後は、いよいよ海へ!!

遠浅の海をしばらく歩いて、ゴーグルをして水中を覗くと、、

うぉ!!!よく見える!!!!さすが日本製ゴーグル!!!!海底のあんなところやこんなところまで全てクリアに見えるぞ!!!ガハハハ!!!!
とモザイク除去機能までもを搭載したおニューの日本製ゴーグルは、25禁のピピ島の美しい海や小魚達を余すところなく映し出すのであった!

興奮しながらどんどん深くまで泳いで行く。

しかし注意しないといけない、泳ぎながら海底を眺めていた顔をふっと上げると、突然目の前におばちゃんのでっぷりした尻が!!!

あぶね!!

と、ザバッと水面に顔を出した!

謝らなきゃとおもったんだけども

あれ?

おばちゃんおらんぞ?

しかしおかしい、ついさっき顔を上げた時にオレンジ色のパンツをはいた、ぶよぶよの尻を確かに見たのだ!

そして、不思議に思い恐る恐るもう一度水中に顔をつけてみる。

すると!!まただ!確かに見える!!ブヨッとしたおばちゃんの尻!!いや、これは尻じゃない!!?

、、クラゲだ!!!!!!

ギョエーーーーー!!!!!!!!

※イメージです

そこには直径ゆうに1メートルはあるかと言う、巨大なクラゲが傘をこちらに向けて泳いでいるではないか!!!!!

その姿たるやもう健康ランドのプールで見かける、太ったおばちゃんの尻そっくりなのだ!!

越前クラゲかな!?いや、でもここは越前ではないからピピクラゲか?否、そんなかわいい名前のもんじゃない!!この大海原でただ一人この巨大なクラゲと対峙しているという状況。恐ろしすぎる!!!

もしも20代の女の子のおしりそっくりのキュートなクラゲならひと撫でふた撫で、自然とのスキンシップを楽しむ余裕ある大人の男のおれでも、このぶよぶよ熟女クラゲからは一目散に逃げ出してしまった。

やはり自然の生き物は自分の身の守り方というやつを知っていやがる。

その後も、海底のカニのお家であろう穴を一つ一つ石で塞いだり、エサをくれるのかと期待して寄ってきた小魚に石を投げて嫌がらせしたりして一人シュノーケリングを満喫したおれ。

もう一時間以上泳いだかな、満足してひざ下ほどの浅さの場所まで戻りゴーグルを取ると、色彩を取り戻した島の風景が一気に目に入り込んできて美しかった。

太陽が島の影に隠れて、その真上の雲を赤とオレンジと紫と、いろんな色に染めていた。

それがすごくきれいで、しばらく波に揺られながら座って眺めていた。

穏やかな入り江の風と、とろんと夜に溶けていこうとする水平線。

少し薄暗くなってきて、寒っ!!!と思ってビーチに戻ったんだけれど、すごくすごくいい雰囲気だったな。

いつか多部未華子みたいな彼女ができたら二人で来よう。

そんな素敵な絶景だった。
ケータイ持って行ってなかったので写真なんもないのが残念。(多部未華子が彼女じゃなかったのも非常に残念)

夜!!!!
ピピ島二度目の路上ライブに出かける!!!

昨日よりもっと街の中心地、コンビニの前でギターを取り出す!!

目の前のタトゥー屋の刺青だらけのにいちゃん達が「なんだあいつ?」みたいな目で見てきていたので、一応ここでやっていい??と確認すると、「up to you(君次第だよ)!」と笑ってくれて、ほっと安心。

昨日の流れでI’m yoursとか歌ってるとそのタトゥーの兄貴達もノリノリで20バーツ入れてくれたりといい感じ!!

んで、4曲目くらいかな、レゲエ調のリズムにアレンジしたBruno Marz のLazy song 歌ってたら、太ったボムマーリー風の男に声をかけられた!

「おれ、すぐそこでレゲエバーやってんだけれど、よかったらウチで歌わない??」

まじか!!!!!!!!!!

「ぜひっ!!!!!」

よく考える間もなく即答!!!

んで、ボブ(彼の名前をいつものように忘れたので仮名)についていくと、

なにここめっちゃおしゃれやん!!!!!

「一応出番は8:30からね!次に出るバンドの人達もいつ来るか分かんないから、1時間でも2時間でも好きにやっちゃっていいよ!」
「ビールでもなんでも好きに飲んでいいからね!ご飯もよかったら食べる??」

やべぇ一時間も二時間も歌えるほど英語の曲持ってねぇよ!!
ああ、もう8時前、何すればいいのか全然わからん!!!

とパニックになりそうだったのでとりあえずビールをいただく。

うまい!

2本目をいただく。

う、うまい!!!!

うん、ほろ酔いになるとなんかなんでもできる気がしてきた!!!

やったるで!!

いよいよ出番!!

数年ぶりにギターにジャックを接続する。

アンプからなめらかな音が流れてくる。

マイクチェック。

軽く適当な歌を歌ってみた、

気持ちいいいいいいいいいいいい!!!!!

日本にいた時、月に一回とか、岡山のペパーランドと言うライブハウスでライブに出させてもらっていた。よく、他の人から、「君は路上でも歌えるのになんでお金払ってライブハウスに出たいの?」とか聞かれるんだけれど、全然違う。路上で喧騒に負けず声を張り上げて歌うのと、アンプから流れる自分だけの音がその空間を染めていくのを全身で感じれるのとは、表現の幅が全然違った!

まぁ僕はどっちも好きなんだけども。

軽く挨拶して、目の前の夫婦がイングランドから来た、と言うので予定を変更して最初の曲はオアシスのdon’t look back in anger を歌った。

うーん、久々のステージの上、しかも全然知らない海外のレゲエバーという環境で、もちろん緊張してたんだろうけども、それも忘れてしまえるくらい、楽しかった!

一時間も出来ねぇとか言うてたくせに同じ曲二回とかやって、結局終わってみれば1時間半くらい歌ってた!笑

ちゃっかりチップももらっちゃって、一応成功かな??
ボブと記念にパシャり!!

もちろんこのチュップもネパール募金にあてます。
あ、チュップって言うてしもた。

その後のレゲエ調バンドを見ながら、その場のおじさん達(カナダから来たらしい)にビールをおごってもらって、文字通り飲めや歌えやの大騒ぎ!


その後バーを出てからもビックリするくらいかわいいインドガール達や地元の飯屋のにいちゃん達やようわからん人らの集まりで、ギター弾いて歌ったり。ああインドガールかわいかったな。

明日は朝のフェリーでここを離れるけど、

うん、ピピ島、本当に来てよかった。

余談ですが、あれだけデカプリオデカプリオ言うてたけど、実はあの映画の舞台はこのピピ島からさらにチャーターボートで行く無人島、ピピレ島と言うところらしくて、ガイドマン曰く「そのピピレ島に行かずしてなにしにピピ島に来たんだ!」というほどメイン観光スポットなんだけど

僕はそれよりも地元の人達とのふれあいを大切に滞在したんだけども(決してボートをチャーターして一緒に行ってくれる友達が出来ずに諦めた訳じゃないぞ!違うんだから!)、いい思い出になった!

次は多部未華子か、一緒にボートに乗ってくれる友達ができたらまた戻ってきたいなと、そう思わせてくれる素敵な場所でした!

ありがとう!

そんな所です!